2010年06月16日

政策立案の調査委設置=戦略室(時事通信)

 平岡秀夫内閣府副大臣(国家戦略室長)は15日、首相官邸で記者団に対し、荒井聡国家戦略担当相の私的諮問機関として政策立案に当たる「国家戦略調査委員会」(仮称)を設置する方針を示した。
 国会議員をメンバーとし、民主党が復活させる政策調査会(政調)とも連携しながら、経済財政分野や、社会保障と税の共通番号制度などで「政治家主導の(政策)とりまとめ」(平岡副大臣)を目指す。 

中3、漫画120作を発売前YouTube投稿 入手経路を捜査(産経新聞)
<映像有料配信>「無料」強調の勧誘めぐり契約トラブル急増(毎日新聞)
山田農水相、IWC総会欠席=「口蹄疫問題、予断許さず」(時事通信)
<環境省>行政事業レビューを実施 3事業を廃止へ(毎日新聞)
公開領収書に漫画やマッサージ費=荒井戦略相の事務所費(時事通信)
posted by オジマ トシオ at 11:18| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

鳩山内閣 8日まで職務執行(産経新聞)

 菅内閣の発足が8日になることで、それまでの4日間、法的には菅内閣は発足していないことになる。首相指名から正式発足までの期間が4日間もあるのは、平成に入ってからの内閣では最長で異例の事態だ。危機管理に対する問題意識が問われそうだ。

 通常は首相指名選挙後、間をおかずに首相任命式、閣僚認証式を経て新内閣が発足する。菅直人新首相は人事構想に一定の時間をかけることを優先した。

 内閣総務官室によると、内閣発足までの有事や緊急事態への対応は「憲法71条に基づき鳩山内閣が適切に判断し職務を執行する」。

 過去にも「空白期」に対処が迫られる事故がおきている。平成6年4月の羽田内閣発足時に、名古屋空港で死者260人以上を出した航空機炎上事故が発生し、総辞職した細川内閣の閣僚らが対応にあたった。

 職務執行内閣の権限はあくまでも行政の停滞を防ぐためで、新規政策などには取り組まないのが原則。朝鮮半島では、韓国軍の哨戒艦撃沈事件で緊張が高まっているだけに、「職務執行内閣」では不測の事態がおきたときに即応できるのか疑問視する向きもある。

 菅氏を含め、平成に入って15人が首相に就任したが、このうち即日、内閣が発足しなかったのは7人。

 一方、菅氏の任命式だけがあり、他の閣僚の認証式が遅れた場合、菅内閣は首相だけの「1人内閣」となる。この場合、首相は他の閣僚の臨時代理を自らに発令し、全閣僚を1人で兼任する。その間の諸問題は、当然首相1人が対応する。

 1人内閣は過去に4回存在した。直近では平成6年4月28日に発足した羽田内閣が約9時間にわたり1人内閣となった。

【関連記事】
8日に組閣 蓮舫氏入閣へ 仙谷官房長官、野田財務相 
鳩山氏とは異質の湿った軽さ パフォーマンスの菅
「読み」誤った小沢氏 9月末まで高見の見物か
「何人帰れるだろう…」参院選の顔に揺れる民主改選組
自民に強い危機感 古い体質払拭できず、迫られる戦略見直し

子ども手当でワクチンを!−小児科医らがキャンペーン(医療介護CBニュース)
菅副総理が代表選出馬へ 首相に伝えたもよう(産経新聞)
続投強調「頑張るの一点」=鳩山首相(時事通信)
退陣前にねぎらい次々=鳩山首相(時事通信)
長谷川穂積「世界一強い父、再び見せたい」 ベスト・ファーザー賞に8人(産経新聞)
posted by オジマ トシオ at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

特定外来生物 オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)

 かつては観賞用や緑化用に利用され、現在は特定外来生物に指定されている北米原産のオオキンケイギクが、木曽川流域などで生い茂り、在来種への影響が懸念されている。繁殖力が強く国土交通省は対応に苦慮。職員が駆除作業を進めてきたが、外来生物に対する住民理解を高めるため、今月初めて住民参加型の駆除活動に乗り出す。【福島祥】

 岐阜県各務原市の国営木曽三川公園かさだ広場では、毎年5月ごろ、オオキンケイギクの黄色い花が広がる。同市などによると、かつては初夏の風物詩として親しまれ、旧川島町時代には「オオキンケイギク祭り」が開かれていた。04年の合併後は「かさだ広場フラワーフェスタ」として同市が祭りを継承。しかし、06年にオオキンケイギクが特定外来生物に指定され中止になった。

 オオキンケイギクは北米原産で、高さ30〜70センチに育つ。国交省木曽川上流河川事務所によると、道路ののり面の緑化に多用され、河川敷や鉄道の線路わきなどで野生化した。同省の90〜95年度の「河川水辺の国勢調査」では、調査対象78河川のうち19河川(24・4%)の河原でオオキンケイギクが自生。01〜05年度の調査では121河川中86河川(71・1%)に拡大した。

 オオキンケイギクは繁殖力が強く背丈が高いため、カワラサイコやカワラナデシコといった在来種を減少させてしまう。同事務所はオオキンケイギクの種が拡散しないよう開花時期に抜き取って駆除する作業を続けており、「ここ数年は拡散を止めている」という。

 同広場で06年度から進めている植生管理実験では、オオキンケイギクを減らすと在来種が回復するという効果を確認。10月に名古屋市で開かれる生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に合わせ、住民参加型の駆除作業実施を決めた。

 同事務所は「身近な河原環境の現況を知ってもらい、外来種対策や河川植物の保全に理解と協力を求めたい」としている。抜き取り作業は29日午前9時〜正午に行う予定。

 【ことば】特定外来生物

 国外から持ち込まれた動植物で、生態系や人の生命、農林水産業に被害を及ぼす生き物、その危険性のある生き物が、外来生物法に基づき指定される。2月現在の指定種は97種類。輸入や飼育、栽培は原則禁止。同法に違反すると、個人には3年以下の懲役か300万円以下の罰金、法人には1億円以下の罰金が科せられる。

【関連ニュース】
琵琶湖:ブラックバスでペットフード…沖島の住民が開発
生物多様性の日:富士山麓で外来種駆除
遺伝子組み換えナタネ:港から国道沿いに自生 愛知で確認
タンポポ:西日本で広域調査 一般参加を呼び掛け
国連報告書:脊椎動物、70年から3割減少 熱帯では6割

「久々に会い不愉快」傷害容疑で少年2人を逮捕 日高(産経新聞)
八日市で大凧まつり(産経新聞)
普天間「将来の県外移設」を=首相に要望、民・社180人が署名(時事通信)
受動喫煙で血圧上昇=住民調査で明らかに―東北大(時事通信)
<普天間移設>与党、社民つなぎ留め 参院選にらみ協力優先(毎日新聞)
posted by オジマ トシオ at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。