2010年04月24日

<直木賞>星川清司さんの最年長受賞者が確定(毎日新聞)

 直木賞を主催する日本文学振興会は21日までに、同賞の最年長受賞者が作家で脚本家の故・星川清司さん(受賞作は「小伝抄」)であると正式に記録を改めた。星川さんは生前1926年生まれと公表していたが、家族に確認したところ、実際は21年生まれで受賞時は68歳であったことが分かったという。これまでは、65歳の古川薫さん(同・「漂泊者のアリア」)が最年長とされてきた。【高橋咲子】

【関連ニュース】
訃報:星川清司さん86歳=直木賞作家 「眠狂四郎」脚本
芥川・直木賞:候補作発表…芥川賞は津村さん3回連続
訃報:星川清司さん 86歳=作家

ニュース検定 感謝の集いを開く 新聞社幹部ら60人参加(毎日新聞)
初日はJICAなど9独法=仕分け第2弾23日にスタート(時事通信)
民主・山岡氏「ダブル選は200%ない」「自民党はメルトダウン」(産経新聞)
シルク博物館でペルシャ絨毯展、イラン国外で初展示品も(産経新聞)
【視点】水俣病 第2の政治決着で前進(産経新聞)
posted by オジマ トシオ at 03:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

宮崎で家畜の移動制限=口蹄疫、冷静に対応を−農水省(時事通信)

 宮崎県都農町の農場で口蹄(こうてい)疫に感染した疑いのある牛が3頭見つかったことを受け、農林水産省と同県は20日、感染の拡大防止に乗りだした。同県はこの農場から半径20キロの区域内で家畜の移動を制限。一方、農水省は同日夜、専門家らによる緊急会合を開き、半径1キロ圏内で感染している牛や豚などがいないか検査する方針を示した。
 問題農場からの牛の出荷は、最初に異変が見つかった9日から停止。赤松広隆農水相は20日の閣議後会見で「万が一食べても人体に影響はない」と、消費者に冷静な対応を呼び掛けた。 

小沢流「引き締めの儀式」 両親偲ぶ会に2500人(産経新聞)
病院理事長らを書類送検=カルテ改ざん、患者拘束死−大阪府警(時事通信)
舛添氏に厳しい処分を=自民全議員懇で続出(時事通信)
都バスに乗用車追突、7人重軽傷(産経新聞)
大阪・住之江で路上強盗(産経新聞)
posted by オジマ トシオ at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

<三浦和義さん>妻が産経などを提訴 名誉棄損で(毎日新聞)

 81年の米ロサンゼルス銃撃事件で逮捕され、08年10月にロス市警の留置場で自殺した三浦和義さんの妻が、ウェブサイト「YAHOO!JAPAN」に掲載された産経新聞の記事で名誉を傷つけられたなどとして、産経新聞社とヤフーに660万円の賠償を求めて提訴していたことが分かった。14日に東京地裁(松並重雄裁判長)で開かれた第1回口頭弁論で、両社は争う姿勢を示した。

 訴えによると、両社は08年10月12、13日、三浦さんの自殺を受け、事件の被害者遺族のコメントなどを掲載した。「日本で無罪が確定しているのに、(三浦さんを)犯人と断ずるコメントを何ら注釈なく引用した」などと主張している。【和田武士】

 産経新聞社広報部の話 記事に違法性はないと確信している。

【関連ニュース】
時代を駆ける:土井香苗/5 難民裁判負けたが意義は大
今週の本棚・新刊:『総括せよ! さらば革命的世代』=産経新聞取材班・著
国と国のはざまで:在留資格なき無国籍者/下 特別許可申し出中に収容

ブルトレで九州一周!“贅沢”な旅、完売間近(産経新聞)
大阪市議の弁護士が「橋下新党」に参加へ(産経新聞)
寛仁親王殿下が5月にトルコへ(産経新聞)
<脱税指南>八木被告「認識ない」 初公判で否認(毎日新聞)
テレ朝「お願い!ランキング」で規格違う商品販売(産経新聞)
posted by オジマ トシオ at 14:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。